愛知県岡崎市・法律事務所【弁護士法人・鶴田法律事務所】


HOME > 個人のご依頼者様へ

離婚

夫婦関係の問題は、体面のこともあってか、親兄弟、友人にも相談できず、ひとりで長期間抱え込んでしまうことも珍しくありません。
夫婦間で話し合いができればよいのですが、互いの性格の不一致から、話し合いもままならないこともあるでしょう。
夫(妻)との夫婦仲がうまくいっておらず、毎日生きた心地がしないとお悩みの方、離婚の決断がつかなくて、毎日もやもやとした気分でお過ごしの方、遠慮なくご相談ください。
現在の状況を詳しく伺ったうえで、本当に離婚した方がよいのかどうか、離婚する場合における別居後の生活費(婚姻費用)や、夫(妻)からの慰謝料、財産分与、離婚後の生活費、親権者をどちらにすべきか(未成年のお子様がいる場合)など、大切な問題についてそれぞれ解決策を提示させていただきます。


相続(遺産分割・遺留分・遺言)

誰かが亡くなると必ず相続が発生するため、遺産を巡る紛争は、誰しもが直面しうる問題です。
遺産を巡る紛争では、相続人が互いに譲らず紛争が長期化してしまうことや、相続人が多数に上り手続が複雑化してしまうことも珍しくありません。
また、相続について、ご自身の意思を遺しておきたいという方には、生前に遺言を作成しておくことをおすすめします。
当事務所では、遺言(自筆証書遺言、公正証書遺言)の作成、遺産分割協議、遺産分割調停、相続放棄等、相続に関わる案件のご相談やご依頼を承っております。


不動産の売買、借地・借家

賃料の滞納、増額減額交渉、退去強制などのトラブルや不動産取引にまつわる紛争などについて、弁護士が個々の案件の実情を踏まえたアドバイスをさせていただきます。また、場合によっては、調停、訴訟等の手続を行います。ご遠慮なくご相談ください。


成年後見

判断能力の不十分な方々が、財産管理をしたり、様々な契約をしたりするのが自分では難しい場合があります。このような方々に代わって、財産管理や身上監護をするのが成年後見制度です。判断能力の状態により、後見・補佐・補助の3つに分かれています。
当事務所では弁護士がこれらの申立手続及び後年人等への就任をいたします。


交通事故

交通事故に遭ってしまったのに、加害者から満足な補償(車両等の修理費用、治療費、休業損害、慰謝料など)が受けられず、お悩みの方のご相談をお待ちしております。
適切な賠償範囲はどこまでかという法律的な問題を検討したうえで、加害者(保険会社)と交渉をすすめ、また、場合によっては、調停、訴訟等の手続を行います。


破産・民事再生

「住宅ローンが返済できなくなってしまった」「生活費が足りずに消費者金融会社などからお金を借りたが、その返済もできなくなってしまった」「急に会社が倒産して、今後の返済の目途がたたなくなってしまった」等のご事情でお悩みの方は、ご相談ください。破産、民事再生等の申立手続をすべきか判断し、代理人として手続を申し立てます。


刑事弁護(少年事件)

お知り合いやご家族の方が、突然捜査機関から身柄拘束(逮捕・勾留)を受けた場合のご相談も受け付けております。
弁護士が接見に行き、刑事手続の概略、今後の見通し等について説明を受けるだけでも気持ちが落ち着くものです。また、時間的制約のある刑事手続において、被害者の方との早期の示談交渉も必要になります。
未成年者を対象とするいわゆる少年事件の付添人活動も業務案件として扱っております。


その他

「こんなこと相談していいのかな?」というような心配はご無用です。法律の専門家からの回答を得ておくことは、大きな安心につながります。暮らしのなかで生じる疑問や不安を解決するのが弁護士の仕事です。
上記以外の問題でも、どうか遠慮なくご相談ください。